マンガ広告でのビフォーアフターはNGなのか?

医薬品において、マンガでビフォーアフターを示そうとするのはNGなのか?

そもそもビフォーアフターが禁止されているのには理由があります。

「消費者に過度の期待を抱かせるから」です。

そのため【写真】によるビフォーアフターは、リアルな説得力を持っており
消費者に過度の期待を抱かせる懸念があるため禁止されています。

では、【マンガ】でビフォーアフターを示そうとするのはNGなのでしょうか?

その疑問について、薬事法ドットコム パートナー弁護士 西脇威夫先生
にお伺いしてみました。

詳細を知りたい方は、ぜひ弊社のオウンドメディアをご覧ください↓

https://shinfield.jp/owned/inbound/manga/manga-yakuji/

カテゴリー: WEBマーケティング | コメントをどうぞ

【制作実績】マンガ制作
株式会社JTBワールドバケーションズ様

株式会社JTBワールドバケーションズ様
【制作実績】株式会社JTBワールドバケーションズ様
 title=

「海外旅行」サポート短編マンガ

(フライト遅延編)
  https://mangamarketing.jp/ichiran/results/detail_2265.html

(パスポート紛失編)
  https://mangamarketing.jp/ichiran/results/detail_2264.html

(タビマエ相談ダイヤル編)
  https://mangamarketing.jp/ichiran/results/detail_2263.html

 
 
【マンガ家】

No.348
https://mangamarketing.jp/ichiran/mangaka/detail_1088.html

 
 
【制作のポイント】

テキスト(文字)だけの説明では
ターゲットに伝わりにくい側面があるため
マンガを用いてわかりやすく伝える目的で制作しました。

ストーリーしては「海外旅行でよくあるトラブル」を基に
マンガ的な面白い要素を盛り込み、最後にはオチつけた
記憶に残りやすい展開としております。

ターゲットが、楽しく読める事はもちろん
海外旅行に対する不安をなくし
マンガを手に取ったターゲットが
「海外に行きたいな!」と考えてくれるように
意識して制作を進めました。

カテゴリー: 制作実績 | コメントをどうぞ

「コマを縦に並べているだけ」ではありません。

実は、スマホ用のマンガ広告は
「コマを縦に並べているだけ」ではありません。

日本の文化であるマンガですが、
最近はスマホでマンガを読む人が急増しています。

PC用のマンガ広告とは異なり、
スマホ用のマンガ広告はコマを縦に並べることが多くなります。

この縦に並んだコマは、ただ「縦に並べている」のではありません。
ストーリーの読みやすさや伝わりやすさを考えて
実は最適な配置で作られているのです。

商品やサービスの強みやメリットを効果的に伝えるために
「いかに読みやすくするのか」というポイントは非常に大切になります。

もっと詳しく知りたいという方・・・
弊社のオウンドメディアにて
マンガを使って、もっとわかりやすくご紹介しております↓
http://shinfield.jp/owned/inbound/manga/smartphone-comic/
気になった方は、ぜひご一読ください!

カテゴリー: WEBマーケティング | 「コマを縦に並べているだけ」ではありません。 はコメントを受け付けていません。

【制作実績】マンガ制作
株式会社東京スター銀行様

株式会社東京スター銀行様
【制作実績】株式会社東京スター銀行様
 title=

『アドバイザリーサービス!』(マンガ制作)

■前半
■後半

 
 
【マンガ家】

No.707
https://mangamarketing.jp/ichiran/mangaka/detail_1465.html

 
 
【制作のポイント】

「見通しを。あなたの人生に。」が東京スター銀行様のコンセプトです。
そのコンセプトを具現化したサービスが
今回マンガ制作した「アドバイザリーサービス」となります。

「アドバイザリーサービス」をよりわかりやすく
効果的に知ってもらう目的のためマンガを制作しました。

マンガの内容は、実際に主人公たちが
「アドバイザリーサービス」を体験するシナリオとなっております。

・読者に疑似体験をしてもらう
・サービスを受ける前に具体的なメリットをイメージしてもらう
などを狙いとして制作しています。

また、ターゲットの年齢層が幅広いため
いかに読みやすく親しみやすいマンガに仕上げるか
という目線でも注力して制作しています。

カテゴリー: 制作実績 | 【制作実績】マンガ制作
株式会社東京スター銀行様 は
コメントを受け付けていません。

『【マンガアンケート結果その1】「マンガ」と「文章」どちらが目に留まる?』

『【マンガアンケート結果その1】「マンガ」と「文章」どちらが目に留まる?』

シンフィールドはマンガに関するアンケートを定期的に集計しています。
今回はそのアンケート内容の一部を公開いたします。
同じ商品の広告なのですが「マンガで訴求したもの」と「文章で訴求したもの」を
それぞれユーザに見てもらいました。
そのうえで、どちらが目に留まりやすいかアンケートに答えてもらいました。
気になる結果は以下の通りとなります。

「マンガ」のほうが目に留まると答えた方【94.5%】

「文章」のほうが目に留まると答えた方【5.5%】

なんと94.5%ものユーザが「マンガ」が目に留まると答えました。

シンフィールドはこのようにマンガに関する客観的データを集めています。
「なんとなくマンガは目に留まる」とは以前から思っていた方も多いようですが
アンケート結果にもある通り、事実マンガは多くのユーザにとって
目に留まることが判明しました。

カテゴリー: マンガアンケート結果 | 『【マンガアンケート結果その1】「マンガ」と「文章」どちらが目に留まる?』 はコメントを受け付けていません。

【制作実績】マンガ制作
株式会社識学様

株式会社識学様
【制作実績】株式会社識学様
 title=

『上司が部下のモチベーションに付き合ってはいけない理由とは?!』(マンガ制作)

https://corp.shikigaku.jp/lp_shikigaku24

【マンガ家】

No.351
http://mangaka.shinfield.info/mangaka/index.php/profile/1091

【制作のポイント】

会社を成長させるために重要な経営課題の一つが組織運営です。
組織のパフォーマンスこそが会社の業績に直結するためです。
リーダーによっては「部下のモチベーション」管理こそが
組織運営の鍵になると考えている方もいるようです。
この「部下のモチベーション」をあげようとする行為に潜む 組織運営上の問題点をマンガでわかりやすく説明しました。

カテゴリー: 制作実績 | 【制作実績】マンガ制作
株式会社識学様 は
コメントを受け付けていません。

『消費者の3つの【しない】』

『消費者の3つの【しない】』

ランディングページを読む消費者には
3つの「しない」心理が働きます。
この消費者の3つの「しない」心理を理解して
「する」心理に変えることができれば
コンバージョン率アップにつなげることができます。

3つの「しない」心理とは

1.読もうと「しない」
消費者にとって多くの広告は興味がなく
わざわざ読もうとはしてくれません。
まず消費者の興味を強く惹きつける
コピーを考えることが非常に重要になります。
写真やイラストなどでパッと見で興味を惹くことも
効果的になります。

2.信じようと「しない」
消費者は新しい商品やサービスの情報を見たとき
「本当に効果があるのか?」と疑う心理が働きます。
消費者に信じてもらうために効果的なものは以下となります。
・実績
・数字や科学的な根拠
・専門家の声
・お客様の声

3.行動しようと「しない」
消費者には騙されて損をしたくない
という心理が強く働きます。
そのため実際に「お金を払う」という段階で
慎重になり立ち止まってしまう消費者も多くなります。
消費者に行動してもらうためには以下のものが効果的です。
・返金保証
・期間限定のキャンペーンを打つ
・プレゼントなど特典を付ける

この消費者の3つの「しない」を取り除いて
すべてを「する」に変えられるような
ランディングページ作りが重要になります。

カテゴリー: WEBマーケティング | 『消費者の3つの【しない】』 はコメントを受け付けていません。

【制作実績】アニメ制作
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様
【制作実績】ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様
 title=

『3分マンガで理解しよう! 非保持化対策』(アニメーション)

▼クレジットカード情報の非保持化
https://www.sbpayment.jp/support/ec/card_security/

▼クレジットカード情報非保持化サービス診断
https://www.sbpayment.jp/solution/security/interview_contents/

【ターゲット】

ECサイト事業者

【マンガ家】

No.435
http://mangaka.shinfield.info/mangaka/index.php/profile/1177

【制作のポイント】

2018年3月末までに全てのECサイト事業者において
対策が必要になった「クレジットカード情報の非保持化」
この非保持化に求められる3つのポイント
「非保持」「非処理」「非通過」について
3分マンガ(アニメーション)でわかりやすく説明しました。

カテゴリー: 制作実績 | 【制作実績】アニメ制作
ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社様 は
コメントを受け付けていません。

『2つのタイプ』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『知っておくとコンバージョン率が
アップする知識とテクニック』

※弊社ではクライアント様のCVR(成約率)を上げる
ためにダイレクトマーケティングなど、様々な手法を
社内で共有しておりその一部をこちらで公開させて
いただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『2つのタイプ』

ランディングページを読むユーザーは大きく
2つのタイプに分けることができます。それぞれの
タイプに合わせてランディングページを制作する
ことで、コンバージョン率向上につながります。

2つのタイプとは

1.流し読みタイプ

ランディングページの上からザッと流しながら
読むユーザー。

2.じっくりタイプ

ランディングページを上から下までじっくりと
読むユーザー。

それぞれ、どのようにランディングページを
制作すると良いでしょうか?

1.流し読みタイプ

力を注いで制作すべき部分
・ファーストビュー
・オファーエリア
・見出し
・小見出し
・画像素材

彼らは、上記のようなパッと見て目立つ部分に目を
やりながら、気になった場合に詳細を読みます。
よって、上記部分を読んだだけで商品や
サービスの魅力が伝わるようにコピーを考える。
または
詳細を読ませるために興味を引き付けるコピーを
考える必要があります。

2.じっくりタイプ

力を注いで制作すべき部分
・全て

彼らは、商品・サービスを分析するように
上から下までじっくりコピーを読みます。
流し読みタイプ同様の部分はもちろん、見出しの
下の詳細部分もしっかり作りこむ必要があります。

では、ランディングページはどちらのタイプに
向けて制作すると効果的でしょうか?

その通りです。

2.じっくりタイプに向けて制作することで
流し読みタイプもカバーできます。

ポイントは流し読みタイプに刺さるように、
ファーストビューやオファー、見出しなどを
しっかり考えて制作することです。

カテゴリー: WEBマーケティング | 『2つのタイプ』 はコメントを受け付けていません。

『デモンストレーション』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『知っておくとコンバージョン率が
アップする知識とテクニック』

※弊社ではクライアント様のCVR(成約率)を上げる
ためにダイレクトマーケティングなど、様々な手法を
社内で共有しておりその一部をこちらで公開させて
いただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『デモンストレーション』

ランディングページでは、ユーザーの問題が
解決されることを証明することができれば
コンバージョン率が高まります。

証明する方法はいくつかあります。

・ビフォーアフター
・お客様の声
・専門家の声
・数値的根拠
・実験結果

などが考えられますが、最も強力な方法が

「デモンストレーション」です。

実際に商品やサービスを活用している様子を、
動画で撮影し、問題が解決されていく様子を
見せます。

動画で見せられるとライブ感が出て、一気に
ユーザーを惹きつけることができ、信頼性も
高まるため、文章や写真で証明するよりも強力です。

もし、使うとすぐに結果が出る商品やサービスを
取り扱っているならば、ランディングページで
デモンストレーションを行うことをオススメします。

カテゴリー: WEBマーケティング | 『デモンストレーション』 はコメントを受け付けていません。