『反応が落ちている無料オファー』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『知っておくとコンバージョン率が
アップする知識とテクニック』

※弊社ではクライアント様のCVR(成約率)を上げる
ためにダイレクトマーケティング始め様々な手法を
社内で共有しておりその一部をこちらで公開させて
いただきます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『反応が落ちている無料オファー』

無料オファーを行っているランディングページを
よく見かけます。ユーザーにとって「無料」はとても
魅力的です。

しかし、ユーザーはすでに知っています。

全てが無料ではないことを
・初回だけ無料
・サンプル品だけ無料
・お試し期間だけ無料

販売者側の目的は無料オファーでリストを集めて
そこから購入に引き上げるということです。

実はユーザーはそのことも知っています。つまり
無料オファーに慣れてしまっています。

それが、無料オファーでも反応が落ちてきている
原因の一つになっていると考えられます。

今回はそんな無料オファーの印象を簡単に
変える方法を紹介します。



その方法とは

「なぜ無料なのか?」

理由を伝えることです。



例えば「初回無料」であれば、その理由を…
・あなたの肌に本当に合うか試してもらいたいから
・商品に絶対の自信があるから1本無料で差し上げます
・高額な商品なので、もしイメージと違った場合に
購入したことを後悔してもらいたくないため
・商品の良さを実感してもらって、商品を気に入って
くれた方だけ購入してもらえば良いから



このように、無料である理由をきちんと伝えることで
ユーザーの無料オファーに対する印象が変わります。

「また無料オファーか」「無料だし大した商品じゃない」
「無料で釣って商品を購入させるつもりでしょ」など
無料オファーに対する負のイメージが理由を伝える
だけでスッと消えます。

もし、無料オファーを行っているLPをお持ちならば
無料である理由をシッカリとユーザーに伝えてみて
ください。


カテゴリー: WEBマーケティング   パーマリンク

コメントは受け付けていません。