『ランディングページの目的』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『知っておくとコンバージョン率が
アップする知識とテクニック』

※弊社ではクライアント様のCVR(成約率)を上げる
ためにダイレクトマーケティング始め様々な手法を
社内で共有しておりその一部をこちらで公開させて
いただきます

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『ランディングページの目的』

ランディングページの目的は何でしょうか?

「商品やサービスを販売する」「資料請求をしてもらう」
「会員登録をしてもらう」「問い合わせをしてもらう」
などの答えが浮かぶと思います。


では、どうしたらそれらの目的を達成することができるでしょうか?

・魅力的なデザイン

・目を引き付けるキャッチコピー

・インパクトがある画像

・強いオファー

・コピーライティング

などの要素をランディングページに取り入れることで目的達成に
近づくことは可能です。


しかし、もっと重要な根本的要素があります。
それが「ユーザーに読んでもらわなければ意味がない」という
考え方を持っているか否かということです。


ランディンページに限らず、どんな広告でも読んでもらえなければ
まったく意味がありません。


ランディンページを制作する際に常に考えておくべきことは
「読んでもらうためにはどうすれば良いか?」ということです。


その考えがあることで、上記で挙げた要素は「ユーザーに読んでもらう
ための材料」となります。すると、いかに綺麗に美しく見せるかという
デザインは読んでもらうためのデザインに変わります。キャッチーで
面白くインパクトのあるキャッチコピーは、読んでもらうための
キャッチコピーに変わります。


読んでもらうことができなければ、目的達成にはつながりません。

カテゴリー: WEBマーケティング   パーマリンク

コメントは受け付けていません。